気になる子供の病気10
お問い合わせリンク気になる子供の病気10

食物アレルギー

アレルギーは現代病の一つとして、多くの人を悩ませているといえます。特に食物アレルギーは、食べる楽しみを大きく制限するだけでなく食べることそのものを苦痛にしてしまう恐れがある病気なのです。
ここでは、食物アレルギーの原因や症状、対処法などを紹介していきます。

食物アレルギーとは

食物アレルギーは、食べ物に対して免疫機構が抗原反応を起こし身体に異常を起こす病気です。食物アレルギーはアレルゲンを多量に体内に取り込むため、数あるアレルギーの中でも命に関わる症状を起こしやすいのが特徴です。また、食物アレルギーは乳幼児だけに起こるものではなく、成人にも起こる場合があります。

原因

食物アレルギーをはじめとするアレルギーの原因は不明ですが、乳幼児に起こる食物アレルギーの場合はある行為が大きな原因になり得ると考えられています。食物アレルギーの原因になると考えられているのは、「完全離乳前に食べ物を食べさせる」ことです。乳児は、胃腸の機能が未完成なので栄養を取るために母乳や粉ミルクを主食としています。この未完成な胃腸は、母乳や粉ミルク以外の食べ物を全て異物として判断してしまいます。最近は幼稚園受験の流行の影響からか、「離乳が早ければ早いほど良い」という傾向がありますが、離乳を親の判断で行なうことは食物アレルギーを発生させる原因にもなるのです。

症状

食物アレルギーの主な症状は、「じんましん」「呼吸困難」「喘息」「下痢」などがありますが、発作が重い場合血圧の低下を伴うショック症状である「アナフィラキシーショック」を引き起こします。アナフィラキシーショックは、免疫の過剰反応によって引き起こされるショック症状で、命に関わる事態に発展します。食物アレルギーを引き起こすアレルゲンは、乳幼児と成人では大きく変化します。乳幼児の場合、卵・乳製品・小麦・そばなどが多く、成人の場合はエビ・カニ・魚類・果物が多いようです。

周囲の無理解

食物アレルギーは、周囲の無理解によって大変な事態を引き起こすことがしばしばある病気と言えます。原因となりうる離乳前の食物摂取を、赤ちゃんの祖父母が可愛がるつもりで安易に行なうケースもしばしば聞かれる話ですし、場合によってはアレルギーを好き嫌いと考えて「食べれば治る」と周囲が強制する話もよく聞かれます。周囲の無理解は、食物アレルギーを含む子供の病気において治療の障害となるのです。

食物アレルギーの対処法

食物アレルギーは、体質の変化で発症したり寛解したりする病気です。乳幼児期に発症していた食物アレルギーが成長するにつれて無くなることがあれば、大人になってから好きだった食べ物がアレルゲンとなって食物アレルギーを引き起こすこともあるのです。

対処法

食物アレルギーの発作は、アレルゲンとなる食べ物との接触によって起こります。この「接触」は食べるだけでなく肌に触れることも含まれています。現在は食品衛生法などでアレルギーの原因になりうる原材料を表示することが義務付けられているため、アレルゲンを回避することはそう難しいことではなくなってきていますが、外食の場合アレルゲンが思わぬ形で含まれていることがあります。子供が食物アレルギーを起こしている場合は、外食は控えてお弁当を用意するなどの親や周囲の協力が不可欠といえます。

子供の病気
<a href="http://kodomo10.org/" target="_blank"><img src="http://kodomo10.org/img/banner.gif" alt="子供の病気" width="88" height="31" border="0"></a>

気になる子供の病気10

<a href="http://kodomo10.org/" target="_blank">気になる子供の病気10</a>

広告掲載