気になる子供の病気10
お問い合わせリンク気になる子供の病気10

中耳炎

中耳炎は大人でも悩まされている人が多い病気ですが、むしろ身体が未完成な子供に発症しやすい病気と言えます。一般的な急性中耳炎や耳の奥に液体が溜まる滲出性中耳炎など様々な形で発症する中耳炎は、どのような原因で発生しているのでしょうか。中耳炎の原因や症状、治療法を紹介していきます。

中耳炎とは

中耳炎は、鼓膜の奥にある「中耳」に炎症が起こる病気です。三半規管の不調や聴力の低下を招くことがあるため、早急に治しておきたい病気であるといえます。

原因

多くの中耳炎は細菌の感染が原因となって起こります。稀にウィルス感染が原因で中耳炎を発病することがあります。中耳炎の原因となる細菌やウィルスは耳から侵入するのではなく、耳と内部で繋がっている鼻から侵入して感染症を引き起こすのです。よく「耳に水が入ったままにしておくと中耳炎になる」といわれていますが、水が入る外耳と中耳は鼓膜で遮られているので外耳からの侵入で中耳炎を起こすことはありません。

種類

中耳炎は症状や中耳の状態によって分類されます。中耳炎の中でも最も多いのは「急性中耳炎」で、風邪やインフルエンザなどから併発することがあります。「滲出性中耳炎」は、中耳に液体が溜まって鼓膜が外耳側に盛り上がるなどの症状が現れます。「真珠腫性中耳炎」は、慢性化した中耳炎のために鼓膜周辺の組織が肉芽化して組織や内耳骨を破壊してしまうなどの症状が現れます。

症状

中耳炎は、鼓膜の奥の中耳で感染症によっておこる炎症や耳の痛みが主な症状であるといえます。原因となった細菌によって発熱や頭痛や耳鳴りを起こすこともありますが、炎症を起こした中耳の組織から生じた膿の一種である「耳漏」が中耳に溜まることがあります。耳漏は鼓膜に穴が開くと外耳から漏れ出ることがあるため「耳垂れ」とも言います。これらの症状によって、鼓膜などの聴力を司る器官が充分に働かなくなるため聴覚障害が起こることもあります。滲出性中耳炎は多量の耳漏が中耳内に滲み出ているのが特徴で、耳の痛みを伴わない難聴を引き起こします。滲出性中耳炎を起こしている子供は、学習障害や会話障害を起こす可能性が高くなります。

中耳炎の治療法

中耳炎の治療は、耳から行なう治療と鼻から行う治療の二種類があります。

鼻からの治療

鼻から行う治療は、急性中耳炎の原因となる鼻炎の治療を目的として行われます。急性中耳炎を引き起こす鼻炎は数日のうちに軽快することが多いものの、長引く場合抗生物質の投与が行なわれます。抗生物質のほかには、対症療法として消炎剤や鎮痛剤が投与されます。

耳からの治療

中耳炎は、鼓膜で隔たれた中耳で起こっているため外耳からの治療の際には鼓膜に小さな穴を開けて治療を行ないます。最も多く行なわれるのは、耳漏や滲出液を排出するために鼓膜に管を設置する「鼓膜チューブ留置術」です。短時間で処置できるので、日帰り治療で済ませられるのが特徴です。治療のために空けた鼓膜の穴はほとんどの場合自然治癒しますが、人によっては縫合手術を行なう必要があります。

子供の病気
<a href="http://kodomo10.org/" target="_blank"><img src="http://kodomo10.org/img/banner.gif" alt="子供の病気" width="88" height="31" border="0"></a>

気になる子供の病気10

<a href="http://kodomo10.org/" target="_blank">気になる子供の病気10</a>

広告掲載